森 芳雄 
1908-1997 東京出身。 慶應義塾普通部を修了し、東京美術学校を受験するが失敗したため、本郷絵画研究所に入り、デッサンを中心に学ぶ。翌年も東京美術学校を受験するが、再度失敗。
昭和3年 1930年協会絵画研究所で中山巍に師事。あらためて油彩画とデッサンを学ぶ。
第4回1930年協会展に初入選する
昭和5年第17回二科展に初入選
昭和6年第1回独立美術協会展に入選した。同年渡仏。
昭和7年サロン・ドートンヌに入選。
昭和9年に帰国。
昭和13年同会第8回展に「母子」「坐像」を出品する。
同年第3回自由美術家協会に出品し、同会会員となる。
昭和18年東宝映画撮影所特殊映画部に入り、同23年まで勤務した。
昭和22年日本美術会主催第1回日本アンデパンダン展に出品。
昭和26年より武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)に勤務し、後進の指導にあたった。
昭和39年 自由美術家協会を退会し主体美術協会を結成してその代表となる。
 
「鳥」油彩4号